• トップ /
  • 家探しの間取りは建築で違う

家探しの際の建築で違う間取り

家探しの間取りは建築で違う

家探しは土地などで間取りも違う

家探しをするときの基本として間取りがありますが、これは建築によって違ってきます。物件が建っている土地は色々な形状をしていて暮らしやすい住まいにするには土地にあった間取りを取る必要があります。土地の方角や全面道路の位置を把握しながら建築されていて、例えば玄関が道に接している部分の逆にあると不便です。家探しでもどこに部屋があってどんな間取りになっているかを、バルコニーや日当たりなどを参考して選んでいくと良いです。土地と同じように物件が建築されている環境も色々です。家探しでは人通りが多い物件だと外部に開けた間取りよりも外部からの視線を避けられるような建物のほうが安心です。周囲が静かで森林などがあるときはデッキなどがあって外部に開けたタイプも良いです。家探しでは建築物が良い採光があるかも重要です。採光が取れる部屋と取れない部屋なども先に確認しておくと安心です。できれば朝と昼、夕方と調査しておくと部屋の雰囲気がつかめやすくなります。一般的には東西南北に適した配置がされています。例えば人が長い時間過ごす部屋は南東に面した1日を通して気持ちが良い採光がある部屋、トイレや浴室などの廻りは北西の夕日が差し込む部屋や採光が確保しにくい間取りになっていることが多いです。

家探しの凄い情報

↑PAGE TOP